キャッシングは口コミだけで判断するのは不安

口コミで一番失敗しやすいのは「審査が甘い」の言葉です。すべてにおいて審査が甘いわけはありません。

 

キャッシング業者それぞれが、何処かに甘い部分を作り、そのかわり何処かにシビアな部分を作っているものです。
それを公表はしていませんので、口コミによる経験の共有は大変有意義なものになるのです。

 

申し込もうとしている業者のキャッシング契約の傾向も解りますし、どの業者が自分にあっているのかも見えてきます

 

しかし口コミの中の「審査が甘い」という言葉に漠然とひかれれば、自分にとって甘いわけではない業者を選んでしまうかもしれません。「甘い」という言葉に反応するということは、何らかのウイークポイントを自分の信用情報の中に持っているということでしょう。

 

まだ年齢的に若過ぎて、信用情報が構築できていないということであれば、大手を狙うのが得策です。

 

大手は初めての利用などの場合、審査が寛大です。それを「甘い」と表現することもできます。
しかし債務問題などを起こした人には厳しめです。そういったことに柔軟な対応をしている業者は中小の中にありますが、そこは現在についての審査判断がシビアです。

 

また全く問題がないにもかかわらずそういった属性の業者を利用すると、後から大手に「なにか過去にあったのではないか」と勘ぐられてしまうこともあります。

 

自分がどのような「甘さ」が必要なのか見極めることが大切です。

お金を無理せず借りるにはここをチェック

お金を無理せず借りるには、自分の返済能力を知っておくことが大切です。

 

今まで複数社のローンを利用してきましたが、返済が厳しくなる状況は何度かありました。そんなときは、決まって借りすぎていたのです。
総量規制の範囲内だから大丈夫かと思っていたのですが、総量規制と自分の返済能力には隔たりがあります。

 

私は年収600万円ほどあるので、200万円程度まで借りることは可能なのです。

 

しかし、実際は出費が多いので年収の割に生活は厳しく、毎月返済に充てられる金額は2万円くらいでした。
この返済額で算出すると、無難に借りられる金額は50万円程度でした。

 

年収が多いからお金を沢山借りても大丈夫だと考えると失敗します。

 

詳しくはこちら ⇒ レディースローン会社をランキング比較 | ※口コミも掲載

 

お金を安全に借りるには、借りる期間も詰めておきましょう。
1ヶ月借りるのか、1年借りるのか、借りる期間が5倍になれば利息も5倍になります。

 

はじめてキャッシングを利用したときは、とにかく毎月の支払いを減らすことばかり考えていました。

 

しかし、それにより完済までの期間を長期化させてしまい、利息が減らない状況を招いていたのです。
それからは毎月の返済額をなるべく多くして、短期間で完済するように工夫しました。

 

繰り上げを併用すると元金が大きく減るので、利息を減らしたい方は行っていきましょう。

銀行キャッシングの利用は付き合いが長いところでの検討が審査に有利

銀行にも、消費者金融のカードのように気軽に使える、個人向けの無担保の保証人不要といったカードキャッシングがあります。

 

銀行だから安心だという気持ちで検討したのですが、自分が給与振り込みに使っていたり公共料金の引き落としを行っているような銀行だと、
それだけでキャッシングの金利が優遇されたり、審査の上保証会社が同行の子会社になったりと、かなり自分によってはうれしいことが多かったわけです。

 

審査内容などを教えてくれるわけではないのでそこまではわかりません。これはあくまでも体感です。

 

しかし金利面の優遇などは明記されていることです。クレジットカードの引き落としまでここの銀行の口座を指定していたので、
クレジットカードの利用状況までわかるのはどうなんだろうと警戒していたのですが、一度も遅れはありませんし、引き落としの失敗もありません。

 

そういったことは多分プラスの印象になるでしょう。また月々支払われる給与も解りますし、公共料金や家賃の引き落としで生活レベルなども解ります。

 

やはり銀行は一つのところと長く付き合うことで、自分にとってのメリットも大きいということがわかりました。出来ればメインバンクをつくっておいた方がいいということなのでしょう。